段違い階段の金具外注完成

段違い階段の段金具用意しました。

段違い階段の段金具用意しました。


段違い階段は
木製の踏面を
線状のz金物と
ボルトの柱1本で支えます。

数学で学びましたでしょう。

平面を決めるための条件のひとつに
線と線状以外の一点というのがあったと思います。

z金物が線で
ボルトの柱が点です。

これで
面が決まって
固定されます。

実際にも
強固に固定できています。

1本でいいのかという意見もあるそうですが
次の場合を除き1本でも問題はありません。

1.新設の踏面が特に大きなものの場合
折れ階段の外側で大きな段の場合がそれにあたります。
2.一段目でどの方向からも上ることが想定される場合

以上です。

柱は少ないほうが掃除がしやすいのでそのようにしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)